FC2ブログ

SMdream SM映画・SM本

SMの興味がある方へSM映画やSM本の紹介でイメージをお届け
「「奇譚クラブ」の人々」 (キタンクラブノヒトビト)

★テーマ選択ポイント
 NO.30「秘密の本棚]
は、実際に「奇譚クラブ」に掲載された抜粋本としてご紹介させて頂いたが、今回は奇譚クラブに掲載・投稿された様々な人物像をまとめた本の紹介である。
以下の目次の各項目に該当する人物名は敢えて書かないが、項目名だけでわかればかなりのSM通になるのでは?
収録された挿絵をみるだけでも楽しい。

089-01

★あらすじ
 団鬼六『花と蛇』、沼正三『家畜人ヤプー』を生み、三島由紀夫、澁澤龍彦、川畑康成、江戸川乱歩、寺山修司らが注目した雑誌。
 終刊から四半世紀を経たいま、幻の雑誌として伝説的に熱く語られている「奇譚クラブ」―それはどんな雑誌だったのか、どんな人がかかわり、創っていたのか。
 関係者の証言をまじえ、豊富な写真・図版とともにその全容に迫る。

 注.「団鬼六」については、NO.6「花と蛇」
 注.「澁澤龍彦」については、NO.40「快楽主義の哲学」
 注.「江戸川乱歩」については、NO.10「D坂の殺人事件」

目次
「奇譚クラブ」の育ての親
人気の縛り絵師
喜多玲子のソックリさん
サド・マゾ小説で牽引
縛られた女たち
緊縛師とカメラマン
マゾ女性の告白
短歌と川柳
黒髪への憧れ
猿轡への執着
妊婦のエロス
おむつと生理帯、ゴムにはまる(本文の「おむつ」は漢字)
乗馬服の女への愛着
浣腸願望
切腹愛好者たち
フェチさまざま
SMと風土
マゾ男憧れの女王様
革による拘束
マゾヒズムを描く
少女憧憬
「花と蛇」で人気沸騰
「花と蛇」愛したSM作家
「家畜人ヤプー」の作者
神の酒が飲みたい
クラブと共に二十年
略年譜
あとがき


★本 
「奇譚クラブ」の人々」
河出文庫 河出書房新社
著:北原 童夢 (キタハラ ドウム)、早乙女 宏美 (サオトメ ヒロミ) 
 注.北原 童夢については、 NO.65「倒錯の淫夢」
 注.早乙女 宏美 については、 NO.50「ヒロミのこれがSMだ」
「奇譚クラブ」の人々」のお求めは→大人のブックス(在庫あり)(本作品に映画はありません)

参考:奇譚クラブ(キタンクラブ)
 1952年6月号より1975年3月号まで発行されたアブノーマル系の雑誌。
 1955年には一時発行禁止処分を受けた。
 出版社は、曙出版、天星社、河出書房新社と変わっている。
 アブノーマルな性行動を扱った文学作品としては、古典の部類に入る団鬼六の『花と蛇』、沼正三の『家畜人ヤプー』はこの雑誌に発表されたもの。
 漫画家 JET の作品『奇譚倶楽部』の名は本誌から採られた。(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

**セイジュのお気に入り***
「縛られた女たち」、「緊縛師とカメラマン」、「浣腸願望」がお気に入り

◆◆この本をご覧になった方は感想をお寄せ下さい
◇◇貴方のオススメのSMDVD・ビデオ・本をご紹介して下さい
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://smdream.blog45.fc2.com/tb.php/90-c2ff94c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック