FC2ブログ

SMdream SM映画・SM本

SMの興味がある方へSM映画やSM本の紹介でイメージをお届け
★テーマ選択ポイント
ある日、もし夫や恋人がいなくなったら、貴方はどのようにプレイ願望を満たすのか・・・
 
★あらすじ
 男達が出征したあとの<女だけの都>は嬌声と愛欲が渦巻<肉欲の市>と化し、同性愛、近親相姦、不倫、輪姦、獣姦にいたるまで、色情に狂った男女の飽くことをしらない痴態がくりひろげられる。
 戦争によって理性を失い、本能の命ずるままに行動する人間獣が引き起こす惨虐と淫逸を赤裸々に描き、二十世紀随一の艶書と評される珍書中の珍書。

53-1

★本
「性の秘本コレクション 3 バルカン・クリーゲ」
著者:ウィルヘルム・マイテル 監修: 城市郎 河出書房新社 ISBN:4-309-47327-X
 トルコの秘本をウィルヘルム・マイテル博士がドイツ語に訳し、1927年に出版。
 それを梅原北明が手に入れ1928年5月に文藝市場社から翻訳・刊行した。
 一般には「バルカン戦争」と呼ばれる。
(本作品に映画はありません)
「バルカン・クリーゲ」の本の購入→大人のブックス


☆☆参考☆☆
☆バルカン戦争
第1次 1912年~1913(大正2)年
 バルカン同盟諸国(ブルガリア、セルビア、ギリシア、モンテネグロ)が、イタリア・トルコ戦争に敗れて窮状にあったオスマン・トルコ帝国に対し、仕掛けた戦争。
 トルコの敗戦で終わる。ロンドン条約の結果コンスタンティノープル周辺を除くヨーロッパ域領土の大部と、クレタ島を失う。
第2次 1913(大正2)年
 トルコの割譲したマケドニアの分割争いから、バルカン同盟中のブルガリアと他の三国(セルビア、ギリシア、モンテネグロ)との間に起った戦争トルコ、ギリシア、モンテネグロ、
ルーマニアもブルガリア側で参戦するが、ブルガリアの敗戦で終わり、ブカレスト条約を締結。
 この結果、バルカン同盟は崩壊。
 この戦争でやぶれたオスマン帝国、ブルガリアはドイツへの依存を強め、バルカン半島は「ヨーロッパの火薬庫」となった。(戦争辞典より引用)

☆梅原北明(うめはら ほくめい)
 明治33年12月富山市生まれ。早稲田大学英文科中退後、大勢新聞社社会部記者→大東京新報社→万朝報。
 万朝報長野支局にて、作家有島武郎と雑誌記者波多野秋子の情死事件をスクープして名を売る。
 25歳にして東京にて「デカメロン」の翻訳を行い、以降翻訳・出版の道へ。
 大正14年11月雑誌「文藝市場」を主宰するも赤字続きとなり、大正15年9月文藝資料研究会編纂部を創設し、頭に「変態」を冠した書物を刊行、好評を博す。
 但し内務省へ無届無納本だったため昭和2年1月警視庁検閲課の手入れを受けるが、昭和3年には上海(中国)にて雑誌「カーマ・シャストラ」等を刊行。
 同じく昭和3年には「グロテスク」等を発刊し、エロ出版王、秘密出版王とも呼ばれたが、昭和21年4月発疹チブスで死亡。
 彼の死後彼の残した本は「梅原本」と呼ばれて宝物扱いされ、解体・組立て・加工され、仙花紙の「バルカン戦争」、「ファニー・ヒル」(「ファニー・ヒル」
については本ブログNO.49を参照)、「フロッシー」等となってよみがえる。
(この河出文庫の「バルカン・クリーゲ」には「『バルカン・クリーゲ』と軟派出版の帝王・梅原北明」と題した梅原北明に関する詳しい解説がある)
梅原北明とその周辺 

***セイジュのお気に入り*** 第1部第2編第1章 饗宴シーン
 第1部と第2部の間にある「バルカン戦争画譜」(作者不詳)
 第2部第1編第1章 2穴挿入シーン
 第2部第1編第4章 鞭打ちシーン

◆◆この本をご覧になった方は感想をお寄せ下さい
◇◇あなたのオススメのSM映画・本をご紹介して下さい
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://smdream.blog45.fc2.com/tb.php/54-aec37dec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック