FC2ブログ

SMdream SM映画・SM本

SMの興味がある方へSM映画やSM本の紹介でイメージをお届け
<テーマ選択ポイント>
「女性が立ち木にからむつる草のようにからみつき、接吻の欲望に燃えて男の顔を自分のそれに引き寄せ、ちゅっ、ちゅっと軽い音をたてながら、優しく男性のほうを眺めるときそれはつる草の纏蔓(てんまん)のごとき抱擁と呼ばれる」というような説明を、奴隷制度のあった当時のインドでは、「カーマ・スートラ」を教科書に経験ある女性から若い女奴隷に教えられていたという。
 ご主人様に愛されたいM女の心得としていかがだろうか。
(せいじゅも以前この本や映画を見るようにご主人様に愛されたいM願望の女性へ勧めたことがある)
 
<あらすじ>
召使いのマヤは、王様に嫁ぐことになった幼なじみの貴族の娘タラに嫉妬し、王様を誘惑した。
だがそれが原因で、宮廷を追われる。
新しい暮らしの中で、宮廷彫刻家ジャイを愛するようになったマヤは、ある女から性愛の聖典"カーマ・スートラ"の奥義を学び、その技術で再び宮廷へ上がるのだが・・・。
16世紀のインド宮廷を舞台にした、愛の物語。(監督のミーラー・ナイールは『モンスーン・ウエディング』で2001年のヴェネチア国際映画祭・金獅子賞(グランプリ)を受賞)
原作「カーマ・スートラ」(Kama Sutra) 著:ヴァーツヤーヤナ(Vatsyayana)
(本と映画はかなり異なります)

<映画>
カーマ・スートラ/愛の教科書」 (KAMA SUTRA: A TALE OF LOVE)
製作:1997年イギリス・インド
監督:ミーラー・ナーイル(Mira Nair)
出演:インディラ・ヴァルマ (Indira Varma)
   サリタ・チョウドリー(Sarita Choudhury)

<本>
バートン版 カーマ・スートラ (角川文庫―角川文庫ソフィア)
 著:リチャード・バートン 角川文庫
カーマ・スートラ―完訳 (東洋文庫 (628))
 著: ヴァーツヤーヤナ 東洋文庫

<参考:カーマ・スートラ(愛経)>
西暦1~6世紀頃にヴァーツヤーヤナ(姓で名前は不明)によって書かれたと思われるインドの性典で、「バートン版カーマ・スートラ」の邦訳では「愛経」とされ、以下7部で構成されている。
第1部 「ヴァーツヤーヤナ・スートラ」
第2部 「性的結合について」
第3部 「妻の獲得について」
第4部 「妻について」
第5部 「他人の妻について」
第6部 「娼婦について」
第7部 「人を惹きつける法について」
「カーマ・スートラ」の目的は、若い男女が夫婦生活に入るにあたって、新しい人生に必要な性知識を彼らに提供しようと考えられたという。
本邦初の「カーマ・スートラ」は大正四年に大隅為三がフランス語から重訳したとされている「婆羅門神学 愛経」。その後大正十二年十月に泉芳璟が印度学会から刊行した「カーマスートラ」は梵語からの直接訳がある。

<参考:魅惑のカーマスートラ>
 本や映画が見る前に知りたいという方は参考にして下さい。
 魅惑のカーマスートラ

<本ブログ主宰川口青樹(カワグチ セイジュ)のお気に入り>
 本(「バートン版カーマ・スートラ」)では、第2部第2章「抱擁について」、第6章「態位交悦の種類」、第7章「愛打の種類とその適切な音について」。
 映画「カーマ・スートラ/愛の教科書」では、寺院の大胆な抱擁像、水浴シーン、女性同士で顔を逆にした接吻シーン、また医者と言えども王侯の女性に触れる場合は、全身に布をかぶせ、そこに開いた穴から手を入れることにより行う触診のシーンはかなりエロティックだ。

◆◆この映画、小説をご覧になった方は感想をお寄せ下さい
◇◇あなたのオススメの官能映画・小説をご紹介して下さい 

参考:映画『カーマ・スートラ/愛の教科書』
   愛の教本「カーマスートラ」を読む②
   カーマスートラ その1
   死ぬまでにしたい事柄、その15: カーマスートラを学んで実践しよう。
   映画版「カーマ・スートラ(愛の教科書)」 - 西洋占星術・アロマ
キーワード カーマ・スートラ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://smdream.blog45.fc2.com/tb.php/443-6dbb45ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック