FC2ブログ

SMdream SM映画・SM本

SMの興味がある方へSM映画やSM本の紹介でイメージをお届け
「マルキ・ド・サド~快楽の世界~」(マルキ・ド・サド カイラクノセカイ)

★テーマ選択ポイント
 サディズムの元祖、マルキ・ド・サドの映画化された作品は数多くあるが、このDVDセットは「ジュスティーヌ、または美徳の不幸」(Justine, ou les Malheurs de la Vertu)と「閨房哲学」(la Philosophie dans le Bourdoir)の2作品が味わえることから貴重だ。
(注 今回の表題はDVDのタイトルである。サドの作品として「快楽の世界」がある訳ではない)

★内容
 世界中にファンを持つマルキ・ド・サドの快楽の世界を映像化した『マルキ・ド・サドのジュスティーヌ』と『悪徳の快楽』を収録した2枚組DVD-BOX。
 2作品の劇場復刻パンフレットや、監督インタビューを収めるなど、特典も充実したファン必携アイテム。(「DVD NAVIGATOR」データベースより)
(マルキ・ド・サドについては、NO.29「発禁本-SADE」、NO.2サド「悪徳の栄え」参照)

★映画DVD

「マルキ・ド・サド DVD-BOX ~快楽の世界~」 (2作品がセット)
【収録作品】
■「マルキ・ド・サドのジュスティーヌ」(ヘア無修正版)
マルキ・サ・サドによる小説 「ジュスティーヌ、または美徳の不幸」 の映画
化作品。二人の姉妹の運命を対照的に、異常性欲の世界を毒々しく、濃厚に描
きながらサドの思想をたくみに捉えた問題作。ムチ打ち、全裸の吊るし、首枷、
焼きゴテによる烙印など、すさまじいシーンの連続が見る者を打ちのめす。
《監督》 ジェス・フランコ
《原作》 マルキ・ド・サド
《出演》 ロミナ・パワー、ジャック・パランス、クラウス・キンスキー、マリア・ローム
■「悪徳の快楽」(ヘア無修正版)
マルキ・ド・サド原作による 「閨房哲学」をベースに、ユーロ・トラッシュ映画の巨匠ジェス・フランコが放
つ異色作。マルキ・ド・サドの信仰者たちがくり広げる邪教的儀式を、サディスティックな描写とトリップ
感覚があふれる原色の証明が混ぜ合わされた映像で描いている。
《監督》 ジェス・フランコ
《原作》 マルキ・ド・サド
《出演》 マリア・ローム、ジャック・テイラー、クリストファー・リー、マリー・リシュダール
【BOXオリジナル特典】
●オリジナル・カートンBOX仕様
●「悪徳の快楽」復刻縮刷版ロビーカード(5枚)
●「マルキ・ド・サドのジュスティーヌ」日本劇場公開時パンフレット縮刷復刻版封入

★本
「ジュスチーヌまたは美徳の不幸」
 著:ドーナシェン・アルフォンス・フランソア・サド 訳:植田祐次 岩波書店
「美徳の不幸」
 著:ドーナシェン・アルフォンス・フランソア・サド 訳:澁澤龍彦 河出書房新社
「ジュスチーヌ物語又は美徳の不幸」
著:ドーナシェン・アルフォンス・フランソア・サド 訳:佐藤晴夫 未知谷
「ジュスチーヌあるいは美徳の不幸」
著:ドーナシェン・アルフォンス・フランソア・サド 訳:澁澤龍彦 富士見書房
「閨房哲学」
著:ドーナシェン・アルフォンス・フランソア・サド 訳:佐藤晴夫 未知谷
「閨房哲学」
著:ドーナシェン・アルフォンス・フランソア・サド 訳:澁澤龍彦 河出書房新社
「閨房哲学4版」
著:ドーナシェン・アルフォンス・フランソア・サド 訳:澁澤龍彦 角川書店
原作本の購入→大人のブックス


☆☆参考☆☆
☆「ジュスティーヌあるいは美徳の不幸」
 サドがバスティーユの自由の塔の3階の牢獄に収監されていた48歳(1788年)時の作品。
 既に牢獄には、38歳のヴァンセンヌを皮切りに継続して収監されていた。
 そもそもサドが逮捕された発端は、サドが23歳時に起こしたジャンヌテスタル事件(ジャンヌ・テスタル:当時25歳前後。扇製造の女工だったが、女衒のラモーという女に売春の話しを持ちかけられ、承諾しサドに引き合わされる。サドの神をも恐れぬ冒涜的な放蕩ぶりに恐れをなしサドを訴える)から始まったと言われる。

☆「閨房哲学」
 サン・ラザール監獄に送られるが、病気を理由にピクピュス療養所に移されこれがため、サドは革命派の死刑を逃れたと言われるが、ピクピュス療養所から革命派の失脚により解放された翌年の55歳(1795年)の作品。
 対話形式の教育物語で、他の有名な大長編小説に比べると小振りな作品だが、傑作であることには間違いない。
 ある意味でサドの作品のキャラクターのパターンであるリベルタンたち、学んで成長する人、古い道徳を捨てきれずに不幸に陥る人の構図が、ワンシチュエーションのダイアローグ形式の物語のなかに明確に表現されている。
 そして真ん中に挿入された長い論文と、どころどころにちりばめられた過激な描写、全てがぬかりなく決まっている。

***セイジュのお気に入り*** 映画「マルキ・ド・サドのジュスティーヌ」
 それまでサドの作品を読んでいて、今ひとつピンとこないところがあったが、この映画によりかなりサドのイメージがわくようになった。

◆◆このDVDをご覧になった方は感想をお寄せ下さい
◇◇あなたのオススメのSM映画・小説をご紹介して下さい
 
http://blog.so-net.ne.jp/tomotomocchi/2006-07-04-1/trackback
http://app.blog.livedoor.jp/rui_pink_moon/tb.cgi/50388865
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://smdream.blog45.fc2.com/tb.php/42-8602d917
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック