FC2ブログ

SMdream SM映画・SM本

SMの興味がある方へSM映画やSM本の紹介でイメージをお届け
(でぃざかのさつじんじけん)

<テーマ選択ポイント>
 昭和の初期ともなればまだまだ女性は和服が多かったと思います。
 そしてその和服の下に麻縄が食い込んでいるとしたら・・・。
 日常生活の中でも人知れずプレイに快感を得ているM女性の方がいます。
(実際私が参加したSMサークルでは、来られた女性の方が持参した縄でサークルメンバーに縛ってもらい、縛られたまま上着を着て帰っていきました、etc・・・)
(注:原作と映画はかなり異なります)

<あらすじ>
 D坂の古本屋の細君が殺された。(文中の)わたしの推理では、D坂のカフェーで知り合った明智が犯人かと思われた。
 危うく犯人にされそうになった名探偵・明智小五郎がとき明かした驚くべき真相は?
  著:江戸川乱歩

<映画>
D坂の殺人事件」 
製作:1998年 東映
監督:実相寺昭雄
出演: 真田広之 嶋田久作 吉行由実 大家由祐子 三輪ひとみ 岸部一徳 六平直政

<本>
D坂の殺人事件 (江戸川乱歩文庫)
著:江戸川乱歩 
出版社: 春陽堂書店

<参考>
 江戸川乱歩
(えどがわ らんぽ、1894年- 1965)推理作家、評論家。
 ペンネームは米国の文豪エドガー・アラン・ポーをもじった。
 日本推理作家協会初代理事長。
 1923年、『新青年』掲載『二銭銅貨』でデビュー。
 初期は欧米の探偵小説に強い影響を受けた本格探偵小説を送り出し、日本探偵小説界に大きな足跡を残した。
 一方で少年愛、サディズム、グロテスク趣味、少女愛などへの志向も強く、これを活かした探偵小説は昭和初期当時の一般大衆に歓迎された。海外作品にも通じ、『緑衣の鬼』、『三角館の恐怖』、『幽鬼の塔』等がある。
 また少年向けに、明智と小林少年をはじめとする少年探偵団が活躍する作品(『怪人二
十面相』等)を多数発表。
 「D坂の殺人事件」は名探偵明智小五郎が登場した第1作。

<川口青樹(カワグチセイジュのお気に入り>
 映画の中で夫がそば粉を力強くこねているシーンを見ながら、あたかも自分の乳房がそのように激しくいじられていることを妻が連想するシーンと、これから葬儀に向かおうとする女の喪服がむかれると、ギチギチと音を立てて縄が食い込んでいるシーン。

◆◆この映画、小説をご覧になった方は感想をお寄せ下さい
◇◇あなたのオススメの官能映画・小説をご紹介して下さい 

参考:「D坂の殺人事件」江戸川乱歩著
D坂の殺人事件
実相寺昭雄「D坂の殺人事件
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://smdream.blog45.fc2.com/tb.php/364-13f39545
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック