FC2ブログ

SMdream SM映画・SM本

SMの興味がある方へSM映画やSM本の紹介でイメージをお届け
「怪老の鱗」(かいろうのうろこ)

★テーマ選択ポイント
 さすがSM界の大物、団鬼六先生、並大抵な人間関係ではない。

★あらすじ
  団鬼六が出会った奇人、変人、倒錯人間。最新エッセイ集。
 (もくじ)
  ・親父、私がこの世で知った奇人第一号  ・タコ八郎、奇怪なコメディアンとの因縁
  ・真剣師・小池重明の荒唐、異端な人生
  ・「社長の眼前でセックス」の入社試験に合格した強者
  ・「鬼プロ」倒産!わずか三年の命
  ・「痴漢相手の女性」と結婚した男  ・露出症者、覗き見症者の集いの場『変態の館』  ・新人類編集者と戦う挿絵画家
  ・衰退する花柳界の老芸妓のプライド
  ・他人にお節介な大阪人、無関心で冷淡な東京人
  ・暴力団と親しくなるのを恐れる作家
  ・足を洗うために拳銃を売りに来たやくざ
  ・前張りを濡らした真性マゾヒスト女性
  ・性的に孤独なマゾヒスト「フン族」
  ・女尿を飲む快楽「御神水の会」
  ・長く美麗な女の黒髪を収集する「黒髪マニア」
  ・無残美の極致、生首に魅せられた男
  ・原始的格闘本能を呼び覚ますボクシング
  ・棋士、力士、ボクサー、それぞれの後援の妙 
  ・恥じらいもなく名器について質問する美人記者
  ・目黒の幽霊屋敷に一人住む孤独な作家
  ・いきなり取材に来た谷ナオミファンの幽霊記者
  ・ふんどしにエロスを感じる夫、愛用する妻
  ・夢の中の勃起を喜ぶ怪老・・・それは私
  ・女性化した自分に恋する「女装趣味者」
  ・夫婦の営みを他人に見せたがる露出症の人妻  ・失われた悲壮美の世界を求める「切腹友の会」
  ・ロンドンで迷子になった「アルコール性健忘症」の二人
  ・妻の元"亭主”に気を許す嫉妬感情喪失男
  ・純情古風、男に尽くす女心を持ったオカマ
  ・女性器の呼称が実名のスペイン語講師
  ・「宇宙時代の大人の玩具」開発に燃える男
  ・大学生の私に尽くしてくれた新宿の娼婦
  ・自分の妻と浮気する部下に状況報告させる社長  ・「銀座美人妻・バラバラ殺人事件」と私の接点
  ・今は昔、風格あるSMクラブの幻の女王様  ・正座ができず胡坐で三味線を弾く息子
  ・強請屋に、不倫した女房への脅迫を頼んだ歯医者
  ・いい年こいて私が口説いた「養老酒場」のママ
  ・破綻の一面をあわせ持つ天才女優
  ・ハゲ、かつら、男性に見る悲喜こもごも
  ・病み上がりの私を怒らせた「イモタコ事件」
  ・ホステスの質が落ちた銀座クラブの現在の効用
  ・結婚後も不倫・情事を繰り返す淫奔な女教師
  ・隅田川の屋形船で開かれていたマゾ女性の品評会
  ・女流ポルノ作家の”必須条件”とは?
  ・夜になるとマゾ女に変貌する高慢な女弁護士
  ・単身渡った”禁煙大国”アメリカでの苦悶
156-01

★本 
「怪老の鱗」
著: 団鬼六 出版社: 光文社
(本作品に映画はありません)

怪老の鱗」のお求めは→大人のブックス



参考:団鬼六(だん おにろく)
 団 鬼六(だん おにろく、1931年4月16日(戸籍上は9月1日) - )は滋賀県彦根市生まれの小説家・官能小説家・脚本家・演出家・エッセイスト。
 本名は、黒岩幸彦。初期のペンネームに花巻京太郎。
 なお、本人の弁によると筆名の読みは“おにろく”でも“きろく”でもどちらでも構わないとのこと。

(オール讀物新人杯に『親子丼』で入選)
 関西学院中学部・関西学院高等部を経て、関西学院大学法学部卒業。高島忠夫と同期であった。
 1957年、文藝春秋のオール讀物新人杯に『親子丼』で入選し、執筆活動に入る。
 自身の先物相場や株取引の経験を元に経済小説・相場小説を執筆し、このうち『大穴』は1960年に松竹で杉浦直樹主演で映画化されている。
 しかし、1961年頃に変名で『綺譚クラブ』に投稿した花と蛇
が評判となり、官能小説の第一人者となる。

(「鬼プロ」)
 ピンク映画の脚本の執筆を依頼されたのをきっかけに自身でプロダクション「鬼プロ」を立ち上げ、ピンク映画を製作するとともに篠山紀信と共にSM写真集の出版等も手がけた。
 とくに映画においては女優の谷ナオミと親交が深く、デビュー前から彼女を見出していた。
 また、元ボクサーで芸人のたこ八郎がアシスタントを務めていた時期もあった。
 官能小説家との親交も深く、同じくSM小説の大家である千草忠夫は『花と蛇』のファンであり、当時住んでいた神奈川県三崎を訪問している。

(1989年断筆宣言をするも)
 1989年断筆宣言をするも、1995年に『真剣師・小池重明』で作家として復活。
 以後現在もエンターテイメント作品の発表を続けている。慢性腎不全で闘病中でもある。
 将棋はアマ六段の腕前。
 1989年に雑誌将棋ジャーナルの発行を引き継ぐものの赤字が止まらず、1994年同誌が廃刊となる。
 作家として復活したのは雑誌の発行により抱えた借金を返済することが原因であった。
 ジャズシンガーで女優の黒岩三代子は実妹。
 執筆するSM小説のイメージから「ハードポルノ作家」と呼ばれることが少なくないが、本人は一貫して「自分はソフトです。ハードじゃない」と主張している。
(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

**セイジュのお気に入り***
  本を読みながら電車の中で笑ったのは久しぶり。 

◆◆この本をご覧になった方は感想をお寄せ下さい
◇◇貴方のオススメのSMDVD・ビデオ・本をご紹介して下さい
コメント
この記事へのコメント
フィットネス・トレーニング
フィットネス・トレーニングを探すなら http://www.saturnalbany.com/101070/200170/
2008/09/17(水) 00:31:55 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://smdream.blog45.fc2.com/tb.php/160-318beba0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック