FC2ブログ

SMdream SM映画・SM本

SMの興味がある方へSM映画やSM本の紹介でイメージをお届け
「サテリコン」

★テーマ選択ポイント
 ローマ時代の奴隷とは?(トリマルキオの饗宴)ネロ時代のローマでは奴隷身分だった者が解放され、巨万の富を得て台頭するという例が多く見られたという。 (美少年の奴隷をめぐる少年愛)ジトーネは誰の手に

★あらすじ
 愛する少年奴隷ジトーネを恋敵に奪われた主人公エンコルピオが貴族トリマルキオの饗宴に参加し、その後様々な出来事に見舞われながらローマの快楽と退廃を経験する。

★映画 
「サテリコン」(Satyricon)

製作:1969年 イタリア・フランス
監督:フェデリコ・フェリーニ
音楽:ニーノ・ロータ
出演:マーティン・ポッター
   アラン・キュニー
   マックス・ボーン
   キャプシーヌ

参考:甘い生活フェリーニのローマと共にフェリーニの『ローマ三部作』と言われる。
 キリスト教的倫理観が確立する以前の、暴君ネロが君臨する古代ローマの頽廃美を見事に描く。
 言葉そのものの意味は、『サテュロスの如く好色で無頼な者どもの物語』
 好色で遊び好きな男性三人組 (途中でメンバーは入れ替わる) の道中記の形をとっている。
 語り手は若い修辞学生・エンコルピウスである。
 舞台はイタリアやギリシアであるとされるが、地名が特定されない、もしくは写本が欠けているなどの事情で地名不詳の箇所も多い。
 淫らな男女が登場しては絡み合い、美少年の奴隷をめぐる少年愛の描写もなされている。
 その文学性だけでなく、当時のローマの風俗を知るための資料性も評価されている

甘い生活」:高度経済成長期のローマを舞台に、都市の退廃を痛烈に描き出したフェデリコ・フェリーニの代表作。ゴシップ記者・マルチェロは、富豪の娘やハリウッドスターと夜な夜な豪遊を繰り返していたが…。60年のカンヌ国際映画祭パルムドール受賞作
フェリーニのローマ」:イタリアの巨匠フェデリコ・フェリーニ監督が、ダイナミックな映像とニーノ・ロータの流麗な旋律で“ローマ”を表現した作品


★本 
「サテュリコン」
著:ガイウス・ペトロニウス 訳:国原吉之助
出版:岩波書店
あらすじ:美貌の少年奴隷をはさんで争いながら南イタリアを放浪する2人の青年を中心に、好色無頼の男や女が入り乱れる。
 小説『サテュリコン』はまさに古代ローマの爛熟が生み落した「悪の華」だ。
 とりわけ、奴隷あがりの成金富豪が催す〈トリマキオンの饗宴〉の場面は古来有名。
 セネカの諷刺短篇『アポコロキュントシス』を併載

「サテュリコン」のお求めは→大人のブックス



**セイジュのお気に入り***
 退廃的な中にも現代にない自由を感じる。

◆◆このDVD・本をご覧になった方は感想をお寄せ下さい
◇◇貴方のオススメのSMDVD・ビデオ・本をご紹介して下さい
コメント
この記事へのコメント
昆虫
2008/09/17(水) 23:37:39 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://smdream.blog45.fc2.com/tb.php/159-aa3e81b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック