FC2ブログ

SMdream SM映画・SM本

SMの興味がある方へSM映画やSM本の紹介でイメージをお届け
「マゾヒズムの発明」(マゾヒズムノハツメイ)

★テーマ選択ポイント 
マゾヒズムも歴史ある文化の一つである。  

★あらすじ
 時代の規範に服従しながらそれをズラしてゆく性的被虐のファンタジー。
 マゾッホが生きた19世紀の思想・社会状況をふまえ、マゾヒズムの誕生から、フロイト以来の精神分析による変容をたどり、今日のエロスと政治の到達点を明らかにする。
 フーコー以後の性/身体/権力論の最新成果。
149-01

★本 
「マゾヒズムの発明」(The Mastery of Submisson:Inventions of Masochism)
著:ジョン・K. ノイズ 訳:岸田 秀、加藤 健司 出版社:青土社
【目次
 序章 マゾヒズムの発明
 第1章 殴られる女、生物学、コントロールのテクノロジー―マゾヒズムの政治学
 第2章 理性、情熱、一九世紀リベラリズム―クラフト=エービングとザッヘル=マゾッホ
 第3章 罰、贖罪、快楽のテクノロジー―普遍的マゾヒズムの発明 第4章 帝国主義の男、文明化させる女、ヨーロッパのマゾ男
 第5章 支配の物語、挫折の空想―フロイトのマゾヒズム観
 第6章 死の衝動を超えて―マゾヒズムの歴史・コントロール・ジェンダー化
 第7章 消滅し、ふたたび現れる主体―マゾヒズム、近代性、ポスト近代性
(本作品に映画はありません)

マゾヒズムの発明」のお求めは→大人のブックス(在庫あり)



参考:著者ジョン・K・ノイズ.(John Kenneth Noyes)
   1955年アメリカ生まれ。
   現在、南アフリカ共和国ケープタウン大学准教授。
   専攻はドイツ文学、文学理論

   訳者:岸田秀(キシダシュウ)
      1933年生まれ。早稲田大学大学院博士課程修了。専攻は心理学
      加藤健司(カトウケンジ)
      1963年生まれ。慶応大学文学部独文科博士課程修了。現在、洗足学園魚津短期大学専任講師

参考:マゾヒズム
   SMdream(SMの話題ブログ)NO.94「あらためてマゾヒズム1」参照

**セイジュのお気に入り***
 序章 マゾヒズムの発明、第3章 罰、贖罪、快楽のテクノロジー―普遍的マゾヒズムの発明 第7章 消滅し、ふたたび現れる主体―マゾヒズム、近代性、ポスト近代性

◆◆この本をご覧になった方は感想をお寄せ下さい
◇◇貴方のオススメのSMDVD・ビデオ・本をご紹介して下さい
コメント
この記事へのコメント
ジュニア
ジュニアを探すなら http://www.gvshops.com/100533/207698/
2008/09/23(火) 16:56:32 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://smdream.blog45.fc2.com/tb.php/153-0ee0aeea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック