FC2ブログ

SMdream SM映画・SM本

SMの興味がある方へSM映画やSM本の紹介でイメージをお届け
「裸体の森へ」(ラタイノモリヘ)

★テーマ選択ポイント
 SMの世界でもヌードやファッションは切り離せない。
いったいいつ頃からどのように表現されていったのだろうか。
   

★あらすじ
 セピア色のポルノグラフィーから80年代のボディアートまで、マン・レイやデュシャンの作品、ヌーディズムとグラマーガールへも言及しつつ、20世紀の裸体イメージと、それに向けられた“まなざし”の変容をとらえる俊鋭の画期的な身体文化史。
 サバービアの感情を描くエリック・フィッシュルの作品論を新たにつけ加えた増補決定版。
 生きられた肉体と夢見られた裸体のあわいに立ちのぼるエロスのゆらぎをとらえる。
目次
 1 フェティシズムの黄金―リチャード・マーキン『ベルベット・エデン』をめぐって
 2 “愛”のマシニズム―アッジェ/マン・レイ/ビル・ブラント
 3 さかしまのヌーディズム―裸体とユートピア幻想
 4 二重の箱のなかの裸体―ステレオ・デュシャン・グラフィック
 5 セックス・シアターのフリークス―グラマーからアンドロギュヌスへ 6 キネシクスとボディ・アート―都市のなかの肉体美術
 7 電気の皮膚、電気の闇―エレクトリック・キャバレーとしての身体
 8 痙攣する性の場所―エリック・フィッシュルの変容
144-01

★本 
「裸体の森へ 感情のイコノグラフィー」
著者: 伊藤俊治 筑摩書房 ちくま文庫
(本作品に映画はありません)

裸体の森へ」のお求めは→大人のブックス(在庫あり)



参考:著者 伊藤俊治(イトウトシハル)
 1953年生まれ。東京大学文学部美術史学科卒業。同大学院人文科学研究科修士課程修了(西洋美術史専攻)。東京藝術大学教授。
 『ジオラマ論』でサントリー学芸賞受賞。その活躍の場は写真論に限らず、ひろくテクノロジーや身体・環境まで及ぶ

**セイジュのお気に入り***
 1 フェティシズムの黄金―リチャード・マーキン『ベルベット・エデン』をめぐって の中のP17のスパンキング写真
 5 セックス・シアターのフリークス―グラマーからアンドロギュヌスへ の中のSMFセオリーとファッション

◆◆この本をご覧になった方は感想をお寄せ下さい
◇◇貴方のオススメのSMDVD・ビデオ・本をご紹介して下さい
コメント
この記事へのコメント
インナー・下着・ナイトウエア
インナー・下着・ナイトウエアを探すなら http://www.jpnet.info/100433/
2008/09/29(月) 22:45:54 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://smdream.blog45.fc2.com/tb.php/147-87c83128
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
この本を一言でいうと「女性向きに書かれた、能力開発本っぽいダイエット本」です。私は男でして、これまでに能力開発モノでダイエットに的を絞らない願望達成全般を扱うモノを何冊か読んできてるため、本書は内容的にやや物足りなく感じました。軟らかい表現が多いなと感じ
2007/09/28(金) 06:45:37 | 美術史をあげる
色仏教用語の色(しき)は色 (仏教)を参照。クォークにおける色(いろ)は、色荷を参照。----色(いろ、アメリカ英語: color、イギリス英語: colour)とは、視覚を通して感じられる感覚の一種で、「形状」や「距離」のように空間の物理的な性質ではない。色の感覚はある広が
2007/09/29(土) 14:50:27 | コンピューターグラフィックス