FC2ブログ

SMdream SM映画・SM本

SMの興味がある方へSM映画やSM本の紹介でイメージをお届け
「新妻狩り」(にいづまがり)

★テーマ選択ポイント
 現実にはほとんど起こりえないレイプ的な性倒錯の世界。
だが、妄想、想像の世界では、M女は案外こんな夢を見ているのかもしれない。
 

★あらすじ
 美しい容貌と肢体をもった新妻ジェニイは、死の商人トレイブンの罠にはまり、南米の独裁政治家や将軍の乱交パーティに連れだされる。
 嗜虐趣味をもったトレイブンの陵辱を受けながらも淫らな欲望にめざめるジェニイ。
 やがて彼女は、アルコールとマリファナで麻痺した躯を、歓喜にむせびながら見知らぬ男たちに開く・・・
137-01

★本 
「新妻狩り」(THE VELVET STAGE)
著者:カール・ヴァン・マーカス
出版社:富士見書房 富士見ロマン文庫
(本作品に映画はありません)

「新妻狩り」のお求めは→大人のブックス


や、古本店(例:オメガスイーツ)になります。

参考:富士見書房(ふじみしょぼう)
 ライトノベルと呼ばれる本を中心にすえ、小説、漫画などを出版する角川グループホールディングス系列の出版社である。

 元々は角川書店の子会社として設立されたが、1991年に角川書店に合併され角川書店富士見事業部となった。
 2005年10月1日より合併以前と同じ独立会社となっている。
 ただし販売機能は変わらず角川書店にあり、後述の文庫レーベル・漫画雑誌から出される単行本は角川書店発行、発売は2006年までは角川書店、2007年以降は角川グループパブリッシング名義となっており、営業も角川グループパブリッシングに依存している。

 以前は官能小説や時代小説 など時勢に応じて売れるといわれた本の出版を得意とし、どちらかといえば国文学系に強い角川系の出版社の中では際物を中心に扱う出版社として知られていた。
 平成期に入って以降は富士見ファンタジア文庫を中心とするライトノベル関係の書籍などとそのメディアミックス展開、関連商品が売り上げの中心となっている。
 また、創刊70周年を超える雑誌『俳句研究』をはじめとした俳句関係の書籍も発行している。
 2007年には映画『口裂け女』のノベライズや『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』などの一般向け単行本の発売など、一般層にアピールした書籍の発売の強化を始めた。

 また、平成期以降に発展したジュブナイルポルノという分野については、昭和末期に富士見書房が刊行していた『富士見美少女文庫』がジャンル自体の端著を開いたと言われているが、現在、富士見書房としてはこのジャンルには展開していない。
 なお、富士美出版とは何の関係もない。

(文庫レーベル)
 富士見ファンタジア文庫
 富士見ミステリー文庫
 富士見ドラゴンブック
 以下のレーベルは2006年現在、ほとんどの出版物が絶版となっている。
 団鬼六文庫
 富士見文庫
 富士見ドラゴンノベルズ
 富士見時代小説文庫
 富士見ロマン文庫
 富士見美少女文庫
(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

**セイジュのお気に入り***
 「だってあんな凄いこと体験してあたし自身少し変わったように思えるんだもん」(本文より引用)

◆◆この本をご覧になった方は感想をお寄せ下さい
◇◇貴方のオススメのSMDVD・ビデオ・本をご紹介して下さい

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://smdream.blog45.fc2.com/tb.php/140-287ca91c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック