FC2ブログ

SMdream SM映画・SM本

SMの興味がある方へSM映画やSM本の紹介でイメージをお届け
「肉の絆」(ニクノキズナ)

★テーマ選択ポイント
 「実際、主人は奴隷の奴隷であり、奴隷を興奮させる折檻に対するの受諾の奴隷なのである。
この倒錯的な現実を理解したとき、もはや奴隷なることを恥ずかしいとは感じなくなる」
(本文より引用)

★あらすじ
 生まれて初めて経験したSMの世界での儀式を、恥じらいなど露ほども見せずに語る自伝的な小説。
 この作品でデビューしたフランスの女子大生である著者は、この作品のヒットによりフランスのマスコミ界の寵児となった。 (「MARC」データベースより)
109-01

★本 
「肉の絆」
著:ヴァネッサ・デュリエ 訳:北上 梓 二見書房 (1993/10)
(本作品に映画はありません)
「肉の絆」のお求めは→大人のブックス



参考:ヴァネッサ・デュリエ(Vanessa Duries)
 フランスのロート・エ・ガロンヌ県生まれの21歳の女子大生。
 大学では文学を専攻している。
 1991年19歳のときにこの小説を4ヶ月で書き上げた。 
 彼女は、いまでも「彼女のご主人(15歳年上)」と同棲している。 
 第2作目は、母親が重病にかかってしまった子供の物語で、エロティックな小説。
 「・・・マルキ・ド・サドをよく読み、絶えず新しい何かを発見させてくれている」(テレビインタビューより)

**セイジュのお気に入り***
 「人生における最大の幸福のひとつは、わたしたちに取りついているタブーを振りはらうことにある」(本文より引用)  

◆◆この本をご覧になった方は感想をお寄せ下さい
◇◇貴方のオススメのSMDVD・ビデオ・本をご紹介して下さい
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://smdream.blog45.fc2.com/tb.php/110-22d6d7b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック