FC2ブログ

SMdream SM映画・SM本

SMの興味がある方へSM映画やSM本の紹介でイメージをお届け
「グルッシェンカ」

★テーマ選択ポイント 
主人の性欲を満たし、剃毛、牛革の鞭打ち、スリッパによるスパンキング、体罰用の部屋での陵辱等、領主の持ち物である農奴の娘は全て言いなりに
  
★あらすじ モスクワの郊外にあるソークロフ家の邸へ女主人に瓜二つの農奴が買われてくる。
 きまぐれな女主人に成り代わって主人の閨の相手をするグルッシェンカ。
 身分を忘れて貴族の青年を愛したことから苦境におちいるが…。
 18世紀初頭の帝政ロシアを舞台に幾多の辛酸をなめながらも逞しくしたたかに生きるロシア女の半生を描く幻のエロチカ。
153-01

★本 
「グルッシェンカ」
 作者不詳 訳:中川法江 富士見ロマン文庫 カバーイラストは金子國義
(本作品に映画はありません)

グルッシェンカ」のお求めは→古本屋
 例OMEGA SWIEZ CO
 例金沢文圃閣
 例:本楽

参考:農奴制(のうどせい, 英:Serfdom)
 中世ヨーロッパにおける、荘園農場において農民を拘束する制度。
 農奴の起源はローマ期における自由身分を失った農民層である、「コロヌス」であると言われる。
 農奴制は西ヨーロッパでは中世末になると解消されたが、東ヨーロッパでは、近代まで維持、あるいはむしろ中世においては農奴的な支配被支配関係でなかったものが、近代になって農奴制の創設、強化がみられた。

(農奴制の基本的な関係)
 領主:国王、貴族、教会、騎士
 農奴:家族、住居、耕具の所有は認められる
    移動、職業選択の自由はない
    農奴は賦役の義務や、領主、教会に対して税を払う義務があるなど、身分の自由が保証されていなかった。

(ロシアの農奴制)
 15世紀末にイヴァン3世が農民の移転を制限した法典(1497年法典)を定めると、のちのイヴァン4世も同様の法令を定めた。
 最終的には、17世紀に成立したロマノフ朝の初期までに、農奴制の立法化が完了した。
 歴代皇帝は、ピョートル1世にみられるように、近代化を推進する財源を確保する必要性から(農奴制自体は近代化から逆行するが)農奴制を強化していった。
 しかし、1856年のクリミア戦争における敗北によって近代化の必要性を痛感したアレクサンドル2世が、1861年に農奴解放令を出したことで農奴制は廃された。
(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

**セイジュのお気に入り***
 ・主人が快楽を得るために、女主人や、犠牲になる農奴の娘の身体を、主人の小間使い達に押さつけさせる場面
 ・「馬」(いわゆる木馬に似た拷問具)を使われる場面

◆◆この本をご覧になった方は感想をお寄せ下さい
◇◇貴方のオススメのSMDVD・ビデオ・本をご紹介して下さい